「若手医学史研究者が集う会」を組織しました

 第114回日本医史学会も無事終わり、拙報告に対して的確なコメントを多く頂くことができ、また、たくさんの医学史研究者と交流でき、非常に充実した二日間を過ごすことができました。
 また、今回の医史学会では多くの若手医学史研究者が参加しており、同世代の方の報告を聞き、とても刺激を受けることができました。しかしながら、それぞれの所属がバラバラで、なかなか交流が取りづらいということもあり、このたび、研究者同士で情報の交換をするための場を設けることにいたしました。
 その名も、「若手医学史研究者が集う会」です!院生やPDの方で医学史に関心のある方でしたらどなたも歓迎いたしますので、ご関心のある方はお気軽にご連絡ください。詳細については下記ブログをご覧下さい(^^)/
http://d.hatena.ne.jp/histmed/20130513